「セイタカシギ」カテゴリーアーカイブ

セイタカシギ 2020.4.24  横浜市青葉区

前回のソリハシセイタカシギの流れで今回は横浜セイタカシギです。

横浜市内で観察できるセイタカシギは格別でした。


奥の水田にセイタカシギが見えた時は感激しました!


体上面が褐色なので雌です。


水面がキラキラ光る中、ゆっくりと動くセイタカシギは姿も立ち振る舞いも優雅でした。


こちらに近づいてきました!

脚の長さが際立ちますので、アシナガシギと呼びたいところですが、すでに別種にアシナガシギがいます。

実際はセイタカシギの方がアシナガシギより脚が長いですし、体全体のバランスから見ても不自然なくらい長いです。

アシナガシギの方が先に命名されたので、仕方なく足が長い=背が高いということでセイタカシギと命名されたのではないか?と思っています。

 


同じ水田にはコチドリもいました。正面から見ると、猛禽類のような鋭い眼光!

ツルシギ、セイタカシギ、オオハシシギ 2020.2.9 稲敷

先日の稲敷では同じハス田でツルシギセイタカシギオオハシシギを観察しました。

この3種の組み合わせは初めて見たので、体型、胴体の大きさ、姿勢くちばしの長さ、色合いなどを比較することができて勉強になりました。


左からセイタカシギオオハシシギツルシギ


左からツルシギセイタカシギ ツルシギも脚が長いシギですが、さすがにセイタカシギにはかないませんね。

野鳥 コアオアシシギとセイタカシギの大きさ比較

以下は2017.8.27に平塚の田んぼで撮影したものです。

コアオアシシギセイタカシギの両方ともに脚とくちばしが細長く、立ち姿も似ています。

しかし、画像や動画を見ると大きさはまるで違うことが分かります。

胴体は一回り以上、脚の長さも全然違いますね。

コアオアシシギの高さはセイタカシギの脛の辺りのようです。

このコアオアシシギ幼鳥は残念ながら右脚を怪我しています。活発に採餌ができているので一安心ですが。

野鳥 セイタカシギのヒナの採食行動 2017.6 千葉県

以下の動画は2017年6月上旬に千葉で撮影したセイタカシギのヒナです。

シギの仲間は孵化すると直ぐに自分でエサを探さなければなりません。

そのためヒナの脚とくちばしは自分で採餌できる大きさと形にすでになっています。

画像もどうぞ。


親子の距離は付かず離れずという感じです。といってもバンがヒナに近づいた時は物凄い声で威嚇していました。

 


水草の上の乗ったので、脚の様子が分かる。かかと(人間でいう膝)から下が太い!
採餌の姿勢はさすが親子そっくり。

 


親の面影を残しつつもやっぱりヒナです、ちょっと可愛いぞ!

野鳥 セイタカシギの頭掻き&羽繕い 2017.6 千葉県

以下の動画は2017年6月上旬に千葉で撮影したセイタカシギの頭搔きと羽繕いの様子です。

動画の最初と最後の方に頭掻きに場面が出てきます。

セイタカシギは頭部を脚で掻くのに翼を下げて翼越しにする脚を持ってくる間接法ですね。

頭掻きを終えた後は、くちばしを使って尾脂腺(尾の付け根にある脂が出る場所)から出る脂を羽根に塗っている様子が分かります。

太陽に照らされて脂の付着しているくちばしや脂を塗られた羽根が光っています。

またくちばしで羽根に脂を塗った場所に頭部を擦り付けて頭掻きならぬ頭塗りを何度もしています。

脂を羽根に塗る理由は、

①羽根に撥水性を持たすため。
水辺で生活する野鳥は水を含んで羽根が重くなるのを避けたいのです。水中に飛び込むカワセミや水面に浮くカモなどには特に重要ですね。

②脂を塗ることで羽根をしなやかで丈夫な状態にするため。
鳥にとって飛ぶために必要な羽根をメンテナンスすることは大事である。

等が考えられます。

 

野鳥 セイタカシギの採食行動 2017.6 千葉県

以下の動画はセイタカシギの採食行動です。

かかと(人間の体でいうと膝に見える部分)から上が水面から出る位置を保って移動しています。

かかとから上に水面がくると動きづらいのは人間でも同じですね。

セイタカシギは脚が長いため、トウネンハマシギなど脚が短いシギに比べて、浅瀬から水深がある場所まで広い範囲で餌を探すことができます。

種の生存期間や繫殖力が餌の獲得量によって影響を受けるのならば、セイタカシギはもっと個体数が多く広範囲の環境に渡って生息しているのではないかと単純に思ってしまう。

実際には生存期間や繫殖力は、ヒナが無事に育ちやすい繁殖方法や場所なのかどうか、繁殖地の環境など様々な要素が関わっているとは思いますが。

この画像では水面近くにいる生物を採餌しているように見えます。

 

野鳥 セイタカシギの交尾 2014.6.8 葛西臨海公園

以下の画像は2014.6.8に葛西臨海公園で撮影したセイタカシギの交尾です。

アップに至るまでは長い道のりでした、、、。

マスターテープの謎の紛失。

当事者との一触即発の交渉。

ほんの少し?の羞恥心。

もはやお蔵入りか!

最後まで折れそうな心を支えてくれたのは、鳥仲間からの早くアップせよ!との有言無言の圧力でした!!

 

ということで、本題の入ります。

6月8日ですから交尾の時期としては遅いと思います。

1回目の繁殖に失敗して、2回目の繁殖活動を始めた可能性もあります。

脚が長いのですが、上手く交尾するものですね。

交尾後のくちばしを交わすシーンなど何度見ても微笑ましいです。