探鳥記 2017.5.20 戸隠② 奥社周辺  5:00~6:30 晴れ

 

植物園から参道入口の鳥居へ。

パワースポットとして名高い戸隠奥社。

奥社が朝日を受ける時間が最もパワーが放出される?御利益がある?と勝手に思い、植物園でコーラスを聴いている時から早く行こうとそわそわしていた。

誰もいない静けさの中で鳥居の前に立つだけで気分が高揚する。

いざ奥社参道へ

もちろん、野鳥観察への関心が下がっているわけではない。

このエリアは野鳥の密度が濃い場所で、植物園では見づらい野鳥を観察できる可能性が高い。

観察したい鳥はクロジオオルリジュウイチだ。

鳥居のそばの木にいるシジュウカラを発見。

戸隠ではヒガラコガラ方が多い気がする。意外と少ない?

戸隠ではマイナーな存在?のシジュウカラ

参道を進むと並木のてっぺんでクロツグミのさえずりが始まった。

今回の探鳥で初めて姿を確認できた。

鳴き声はたくさん聞いてきたが、なかなか姿を見ることは難しい。

早朝は目立つ場所でさえずるので観察のチャンスである。

2日目でようやく観察できた

参道沿いは早朝だけあって、昨日の昼間の探鳥より見聞きできる野鳥が多い。

植物園の森からは、アカハラアオゲラキビタキイカルの声が聞こえてくる。

参道沿いでは小鳥が多く、カラ類、コサメビタキニュウナイスズメを観察。

随神門に到着。脇にある杉の大木には数羽のキバシリが活発に採餌中。

ここで出会ったバーダーから付近の小径にツキノワグマの親子がいるとの情報を得た。

ちょっと寄り道してその場所に行こうと思っていたので助かった!

更に奥にはただならぬ気配が、、、。

随神門を過ぎるとそばを流れる小川付近からミソサザイの声、斜面からはコルリ、森の上の方からはオオルリの声がする。

ここのオオルリのさえずりはクロジの「ホーイチヨチヨ」というさえずりに似た節があり、最初クロジと迷ってしまった。

 

ついに奥社に到着。正面から太陽を受けてパワーを注入という場面を想像していたが、妄想に過ぎなかった。

朝日に照らされる奥社

突然、左手の斜面からジュウイチのけたたましいヒステリックな鳴き声に静寂は破られた。

しばらくジュウイチ探しに没頭することになったが、結局見つからず。

ジュウイチオオルリコルリなど青い鳥に托卵するので、なるほどジュウイチが奥社付近で観察される理由が分かる。

奥社の斜面では毎回オオルリを観察しているので、来年以降もジュウイチが観察できる可能性は十分ある。

奥社本殿

奥社からもらったパワーが今後の探鳥にどう出るか。

下山して随神門そばから植物園に入る。

続きは次回。

 

見聞きした野鳥(観察順)

シジュウカラ
ウグイス
ミソサザイ
コガラ
カワラヒワ
クロツグミ
コサメビタキ
アカハラ
ニュウナイスズメ
アオゲラ
ウグイス
キビタキ
ヒガラ
ヤマガラ
イカル
キバシリ
コルリ
コゲラ
オオルリ
ジュウイチ
キジバト
ハシボソガラス
カケス
ツツドリ

計24種

スポンサーリンク