野鳥 トウネン 2018.9.16 平塚市

今回は前回のヨーロッパトウネン幼鳥と一緒にいたトウネン幼鳥です。


ヨーロッパトウネンに比べて、胴体が横長で脛が短く見えます。

トウネンヨーロッパトウネンとの識別点として、脚の長さの差から前傾姿勢の角度の浅い深いが注目されます。
この識別点は、今回の水気の多い休耕田などの地面では差を見分けるのが厳しい状況となります。

それでは動画をどうぞ。

比較のため、前回のヨーロッパトウネン幼鳥に再登場してもらいましょう。