野鳥 ツルシギ&ハマシギ 2018.12.24 多々良沼

今回は強風の多々良沼で向かい風に耐えるツルシギハマシギの姿を掲載します。

この日はスコープを上から手で押さえつけて観察しても、視界が揺れるくらいの強風でした。

上の画像に登場するツルシギの体重の平均が約150g、ハマシギが約60g、カルガモが約1200gとのこと。

何気ない光景ですが、間近で観察・撮影して、彼らが強風に耐えている表情や姿を掲載したくなりました。

ツルシギ

体を前のめりにして、少しでも風の抵抗を少なくしている個体もいますね。

ハマシギ

目を閉じているのは、人のように寒さを我慢する際にする仕草なのか?風と一緒に飛んでくる異物から目を保護しているのでしょうか?