野鳥 クサシギ 2018.9.16 平塚市

今回の特集はクサシギです。

同じ場所で2羽のクサシギを観察しました。

クサシギは神奈川県の西部では渡りの時期だけでなく冬季にも観察されるシギです。

ですから、この2羽が渡り途中なのか?そのまま付近で越冬するのか?分かりませんが、お気に入りのシギなので、この辺りで春先まで留まってもらいたいものです。

以下の2個体とも、体上面にある小さい斑が褐色なので幼鳥です。ちなみに成鳥はその斑が白いです。

個体A

個体B

Bの方がAに比べて、眉斑がハッキリと白く、また上面の褐色の斑は摩耗により薄く見えます。

※音声は消去しています

後方にいるのはイソシギです。

イソシギは形や大きさや色模様などでクサシギと似ています。