野鳥 オオハクチョウ 2018.1.28 東庄町 夏目の堰

今回は前回探鳥記で登場したオオハクチョウを特集します。

成鳥


くちばしの黄色部分が黒い部分に深く食い込んでいるのが分かり易い識別ポイントです。

※参考画像 コハクチョウはこの部分の浅く食い込んでいます。

手前の2羽がオオハクチョウ、奥の2羽がコハクチョウです。

幼鳥

灰色の幼羽が混じっていますので成鳥へ移行中の個体です。

成鳥に見られるくちばしの黄色模様の黄色味が薄くまた前方は白いですね。

幼鳥でもくちばしの黒い部分への深い切れ込みは色に関係なくあるので、オオハクチョウと分かります。

※次回掲載予定のコハクチョウも同様で、幼鳥でも浅い切れ込み部分が分かります。


奥の成鳥と比べると違いが分かりますね。

成鳥?若鳥?

以下の個体は、くちばしの黄色模様に占める白色部が成鳥と幼鳥の中間の個体です。

くちばしの色合いが年齢によって移行するのはよくあることですが、オオハクチョウの場合はどうなのでしょうか。

個体差なのか黄色への移行中なのか


体全体の白さは奥の成鳥と変わりなく見えます。