探鳥記 2019.1.6 稲敷② 8:45~16:45 晴れ

稲波干拓地から西ノ洲干拓地へ。

この冬は良い評判を聞かないが、いつもの巡回コースなので軽く覗いてみることにした。

昨年の一番の衝撃であったアカツクシガモとの再会がある鴨!

道路脇から辛うじて中が見える大池にはマガモコガモの姿がちらほら見える。

周辺の木々にはオオタカノスリの姿も見える。

奥にあるハス田では本日やっとタカブシギと会えることができた。

※昨年の探鳥の様子⇒ここをクリック

 

再びハス田街道沿いのポイントへ移動。

移動途中に車窓から本日3回目となる枝止まりのオオタカを発見。

今回はツメナガセキレイと同じ場所にオジロトウネンの小群もおり、近距離からじっくり観察することができた。


オジロトウネン 泥で見えにくいが、黄色の脚が識別ポイント

稲敷ではオジロトウネンの小群を毎年観察しているが、全国でも中々このような場所はないのでは。

ちなみに神奈川県での定期的な越冬地は、多摩川河口の登戸駅付近にある宿河原堰堤下流域です⇒参考の探鳥記


再度登場! ツメナガセキレイ


タヒバリ

 

次は甘田干拓地へ移動。

昨年は4羽のコミミズクを筆頭にハイイロチュウヒコチョウゲンボウなど猛禽の共演が繰り広げられたが、今年はさっぱりのようだ。

行くか迷ったが、環境の変化があったとしても昨年の名残を感じることはできるだろうと覗いてみることにした。

周囲の道路には奥の方に数台が見えるくらいで、嫌な予感がした。

広大な干拓地に目をやると、北側半分はばっさりと草が刈り取られている状態だが、新たに構築物などは設営されていない。

チュウヒノスリが時々、上空を舞ったり、杭止まりする姿を何度も観察した。

そろそろ浮島湿原でも移動しようと思いながら60倍スコープで遠くを眺めていると、ノスリっぽい個体が杭止まりしているのを捕えた。

これもノスリかな?と思いきや、くるっと横を向いた横顔はなんとコミミズクであった!

今年はコミミズクが越冬していないと思っていたので、無事確認できて良かった。

コチョウゲンボウハイイロチュウヒは現れず。

両者は次の目的地・浮島湿原でのねぐら入りに期待しよう。

昨年の探鳥の様子⇒ここをクリック

 

最後の目的地・浮島湿原へ移動。

今回も駐車場からねぐら入りを観察することにした。

すでにアシ原に点在する樹木や霞ヶ浦に沿って植えられている樹木にはチュウヒ達の姿が見える。

ノスリミサゴオオタカもいつの間にか姿を現わしては消えたりした。

暗くなり、徐々にチュウヒがあちこちから帰って来た。

直ぐにアシ原に入るのは稀で、たいていは旋回しては周囲の樹上に止まる。

そろそろコチョウゲンボウが登場する頃かと思っていると、仲間が素早く発見してくれた!


コチョウゲンボウ雄 毎回、霞ヶ浦に面する木立に一時的に枝止まりしてくれる

その後、アシ原を低空で駆け巡り、駐車場の裏手へ飛び去ってしまった。

コチョウゲンボウ雄のねぐらは別の場所にあるようだ。

もう撮影はもとよりスコープでの観察も厳しくなるくらい周囲が暗くなってきた。

この時間を見計らって?周囲に枝止まりしていたチュウヒ達が一斉にアシ原上空を舞った後に地上に降りていった。

今回は結局、ハイイロチュウヒは見れずじまいかと諦めかけながらも、遠くのアシ原を眺めていると、上面が白っぽいチュウヒが向こうからやって来たのが見えた。

徐々に近づいてきて、しっかりとハイイロチュウヒ雄と識別。

どこに降りるか見続けたが、結局手前には降りず、暗さで見失ってしまった。

今回は猛禽類を9種も観察できてよかった。

特にオオタカは1日に別々の場所で5回も観察できた。

一方、シギ・チドリは7種と稲敷にしては少なかったが、その後の情報ではハジロコチドリコチドリセイタカシギハマシギアカアシシギが観察されているようだ。

その他にも昨年観察されたアメリカウズラシギエリマキシギもどこかにいるかも知れない。

見聞きした野鳥(観察順)

タゲリ
トビ
スズメ
ツグミ
ムナグロ
チュウヒ
ムクドリ
アオサギ
セグロセキレイ
タシギ
ヒヨドリ
オオバン
ダイサギ
モズ
イソシギ
ユリカモメ
ハシボソガラス
カイツブリ
カワウ
ノスリ
ミサゴ
ホオジロ
キセキレイ
ハシブトガラス
カワラヒワ
アオジ
クサシギ
オカヨシガモ
マガモ
オジロトウネン
ツメナガセキレイ
タヒバリ
カシラダカ
ヒシクイ
チョウゲンボウ
オナガガモ
コガモ
カルガモ
カンムリカイツブリ
ヘラサギ
オオタカ
ハシビロガモ
コサギ
セグロカモメ
タカブシギ
ミコアイサ
ホシハジロ
ハジロカイツブリ
コミミズク
キンクロハジロ
ウグイス
コチョウゲンボウ
ハイイロチュウヒ

計53種  同行者観察:バン、クイナ、ジョウビタキ