探鳥記 2018.5.6 平潟湾 16:30~17:20 晴れ

前回4月30日の探鳥から約1週間。

セブンイレブン前にわずかに広がる干潟では5羽のメダイチドリを発見・観察した。

 

好物のゴカイが切れないように慎重に引っ張り出す姿を何度も観察することができた。

そばにはキアシシギが確認。

いつもは水際を歩きながら捕食行動をしていることが多いが、今日は珍しく?水に入って派手に捕食活動中である。

例年ここではメダイチドリキアシシギだけでなくハマシギも観察できるのだが、今回も見当たらない。

ここセブンイレブン前は工事の影響を直接は受けないエリアなので、来年以降もシギチドリを観察できる可能性がある。

野島水路に向かう途中にある追浜高校前に広がる干潟では珍しく何も観察できなかった。

そして野島水路へ。

干潟が奥までバッチリ広がっており、観察期待が高まる。

しかし、6羽のキアシシギが水際にいるのみで、ここでもハマシギを観察できず。


キアシシギ 胸から脇を中心には繁殖羽の横斑がハッキリとでている。

前回より干潟の条件は良かったが、シギチドリの姿が少ない。

暗くなり始めたので、ここでお開きとした。

見聞きした野鳥(観察順)

メダイチドリ5
キアシシギ7
スズガモ
カルガモ
トビ
スズメ
アオサギ
ムクドリ

計8種