探鳥記 2018.5.5 富士山麓 河口湖畔 10:30~14:10 晴れ

柳沢峠から河口湖畔へ。

ここでは水場に集まる夏鳥達の観察・撮影が主目的。

昨年は5月14日朝(⇒その時の掲載回はここをクリック)と6月4日朝(⇒その時の掲載回はここをクリック)に訪問している。

今回は観察開始が10:30からと遅くなってしまったが、てしまった吉と出るか凶と出るか。

森の中ではセンダイムシクイの声が響き、遠くからはオオルリの声がする。

水場となる小さな池に到着。

ヒガラキビタキイカルが水浴びや水飲みにやって来るが、いつもより種数ともに少ない。

動画

しばらくすると続々と夏鳥が登場!

まずはキビタキの雄

キビタキ 背中に黄色のT字が映えて阪神ファンに好かれそう?

次にクロツグミ

我々が観察している場所からずっと先の小径上にクロツグミ雄が捕食行動中。

チョコチョコと動いては立ち止まって地面をほじっている動作の繰り返し。

しばらくすると小径から林床に降り去ってしまった。

林床にいるだろうクロツグミを探索していると、今度は捕食行動中のクロツグミ雌を発見。

雌のそばには先ほどのクロツグミ雄。

ちょうどこの時、池ではコルリが登場!

観察できず残念、、、。

更に、今度はオオルリの雄。

鳴き声は早朝のようには盛り上がらなかったが、一通りの夏鳥を間近で観察できて一同満足した様子。

次のポイント山中湖畔の森へ。

続きは次回。

見聞きした野鳥(観察順)

センダイムシクイ
オオルリ
ヒヨドリ
ヒガラ
カワラヒワ
イカル
ハシブトガラス
キビタキ
カケス
コサメビタキ
メボソムシクイ
クロツグミ
シジュウカラ
メジロ
ウグイス
エナガ

計16種 目撃談:ノジコ