探鳥記 2018.4.14 大井ふ頭中央海浜公園 14:15~15:45 曇り

葛西からの帰り道、葛西だけの探鳥というのは寂しい?ので、どこかにふらっと立ち寄ろうということに。

今の時期なら大井野鳥公園、多摩川河口、六郷干潟あたりが面白いので候補地に挙がった。

どの場所もちょっと探鳥するには重い。

ふと、大井野鳥公園そばに小規模の野鳥観察施設があることを思い出した。

探鳥したことがない場所なので、この機会に行くことにした。

全体図 野鳥観察の中心は上半分の運河沿いのエリア

公園内に入ると、自然観察路の看板が。

ちょっとした散策路かと思いきや大きい池に沿った緑の濃いエリアだった。

池ではダイサギアオサギの姿を発見。

ゴイサギカワセミが水面を凝視している姿やカルガモカイツブリが浮いている姿を想像して探して見たが観察できず。

今の渡りの時期ならキビタキセンダイムシクイなどの夏鳥を見聞きしても不思議ではない環境だ。

散策路を抜けると目の前に観察舎が現れた。

中に入ってレンジャーの方と当地の環境や観察できる鳥などについて会話した。

今回はほぼ満潮状態で干潟は現れていなかったが、この時期なら潮が引くとキアシシギメダイチドリなどが観察できるそうだ。

観察舎の前から運河を望む。

満潮でも杭の上や岸辺にシギチドリがいることもあるので探索するも発見できず。

また潮巡りが良い状態で観察に来よう。

帰る間際に遠くの杭にカワセミを発見!

※大井野鳥公園の近くなので、セットでの探鳥をおススメします。

見聞きした野鳥(観察順)

ダイサギ
ヒヨドリ
アオサギ
カルガモ
ハクセキレイ
カワウ
オオバン
カワセミ
コゲラ
キジバト

計10種