探鳥記 2018.10.9 権現山 9:15~14:30 曇り

ここのところ、シギチドリ観察に夢中になり、タカの渡りの観察が疎かだったので、本日は権現山でタカの渡りを観察することにした。

権現山の展望台に9時15分に到着。


湘南平方面を望む


箱根山・足柄峠を望む ここを通過するタカが向かう方面である

ここでタカの渡りの調査をしている皆さんに御挨拶を済ませて、ご一緒に探鳥開始。

この日は9:27サシバ10、10:13サシバ17、10:30サシバ12と3回のサシバの鷹柱を比較的近い距離で観察できた。

※音声は消しています

鷹柱の他にも、不意に目の前にサシバが2羽湧いて来るように姿を見せる場面があり、観察者を嬉しいパニックに陥れた。

※最後にスロー再生あり。

また、上空高く飛ぶタカの識別にあれこれ悩むのも楽しい時間だった。

もちろん写真判定すれば識別できることが多いのであるが、上空を飛んでいるタカをリアルタイムに肉眼で判断するのは緊張感があって楽しい。

ところで権現山はタカの渡りの観察地であるとともに、この時期は夏鳥・渡り鳥・冬鳥と様々な小鳥達が観察できる場所である。

地上ではエゾビタキコサメビタキオオムシクイキビタキモズなどの小鳥達が観察されていた。


渡り途中のエゾビタキ


モズ 梢で秋の高鳴きを何度も披露してくれた。

午後になると、タカの渡りはほとんど動きがなくなり、時々のノスリツミが現れるだけの状態。

14時過ぎに観察を終了した。

この日は滞在中サシバ59羽、ハイタカ1羽、ノスリ2羽、ツミ羽現れたと記憶している。

確かに合計数はそれほど多くはなかったが、サシバの鷹柱を3回観察したり、至近距離で観察するなど充実した探鳥となった。

見聞きした野鳥(観察順)

スズメ
ヒヨドリ
メジロ
モズ
サシバ
ハイタカ
トビ
ノスリ
ツミ
キジバト
アオバト
コゲラ
エゾビタキ
ハシボソガラス
アオゲラ

計15種