探鳥記 2016.11.13 奥日光(後半) 15:00~16:30 晴れ

戦場ヶ原探鳥を終えて赤沼駐車場の戻ってきた。

隣接する赤沼自然情報センターに立ち寄り、スタッフに最近の野鳥状況を尋ねる。

今季の奥日光の野鳥状況は春先からずっと良くないそうで困惑していた。

本日の探鳥報告をすると、私達は頑張った部類に入ったようだ。

赤沼自然情報センター

夕暮れが迫る中、駆け足で付近の探鳥スポットを回ることにした。

まずは光徳牧場。

あわよくばオオマシコ!だったが、人懐っこいゴジュウカラを観察したのみ。

次に湯ノ湖。

湖畔を一周する時間がなかったので湯滝付近で観察。カモが予想以上に少ない。遠くにオシドリの群れを発見。

湯ノ湖から戦場ヶ原を望む

最後に中禅寺湖湖畔。

ここでの注目は例年越冬するオオワシオジロワシ。今年の初認記録はまだない。

山の斜面の止まり木で休息するワシをイメージして探すも観察できず。

この2日後にオオワシオジロワシが初認されたそうだ。もしかしたら当日も付近にいたかも。

湖面に目をやると2年前に比べてカモが少ない。今年はカモの飛来数が少ないのかなぁ。

見聞きした野鳥(観察順)

光徳牧場:ゴジュウカラ

湯ノ湖:オオバン、マガモ、オシドリ、コガモ、ホシハジロ

中禅寺湖:シジュウカラ、ハジロカイツブリ、アトリ、ホシハジロ、オオバン、ゴジュウカラ、ハクセキレイ、